製品成形時に出るメヤニの量を減らしてくれるフッ素離型剤

工場

簡単に塗布できるフッ素コートの離型剤

作業服の男性

金型成形では、製品を型から外しやすくするために、金型の内面にワックスを塗布することがあります。しかし、ワックスは固形であるため、塗布すること自体が難しいです。また、ワックスは、型抜き後の製品に付着しやすく、離型性能が低いです。しかも、型抜き後の製品に付着したワックスを取り除く必要も生じます。
また、押出成形を行う場合には連続成形が要求され、そして、金型の口金部分に素材のカスが付着するメヤニ現象を防ぐ必要があります。しかし、ワックスでは上記のように、型抜き後の製品に付着しやすく離型性能が低いため、連続成形やメヤニ防止の要求を満たすことが難しいです。
このため、金型成形にはワックスではなくフッ素コーティングの離型剤をお勧めします。フッ素コーティングは、ワックスに比べて刷毛・スプレーなどで簡単に塗布できます。また、フッ素コーティングはワックスに比べて、型抜き後の製品への付着が少なく、離型性能が高いため、型抜き後の製品を洗浄しなくて済む場合が多く、連続成形に耐えることができます。特に、押出成形を行う場合には、口金部分にフッ素コーティングを施しておけば、メヤニを防ぐことができ、長時間の連続成形が可能になります。

ゴムやプラスティック成形品を金型から綺麗に剥がす離型剤

ゴム成形やプラスティック成形製品は、様々な形や種類の物が世の中に出回っておりますが、それらの製品は射出成形と呼ばれる工法で生産されており、金型にゴムやプラスティック樹脂を流し込む事で成形する事が出来ます。これらの製品は金型に離型剤を塗布する事で、成形後の金型から製品を綺麗に剥がす事が出来ます。
この離型剤は、フッ素コーティング系やシリコン系、ワックス系等に分類する事が出来ますが、特にフッ素コーティング系の離型剤は、塗膜が非粘着性に優れている事から成形後の製品を金型から取り出しやすく、しかも成形された製品への付着も無く手軽に使用する事が出来る離型剤と言えます。
又、シリコン系やワックス系の離型剤と異なり、何度も金型に塗布する事無く、安定して樹脂の射出成形を行う事が出来ます。又、樹脂成形で品質トラブルとなりやすいメヤニの発生を防ぐ効果も有り、製品の品質向上の効果も得られます。このメヤニは、樹脂成形の工程上発生し易いトラブルの一つで、樹脂の射出が行われるノズルの周りにメヤニの様に樹脂が付着するトラブルで、メヤニが樹脂製品の中に混入したり成形された製品に付着してしまう等の品質トラブルを起こしてしまいます。その様なトラブルを解消する為に、フッ素コーティング系の離型剤の仕様は非常に効果的が有ります。

引火性がなくメヤニ対策としても有効なフッ素コーティング離型剤

金型に樹脂などの素材が付着することを防いでくれる離型剤は、製造現場に欠かせない必需品です。離型剤には大きく分けてワックス系、シリコン系、界面活性剤、フッ素コートの4つがありますが、その中でももっともおすすめなのがフッ素コーティングの離型剤。フッ素コートの離型剤には引火性がなく、製造現場で安心に使えるというメリットがあります。
引火事故が起こるリスクがありませんので、製造現場での安全管理が楽に行えます。粘着性の高い素材を用いた成形では、金型にメヤニが付着してしまう、という関問題が生じますが、この点についてもフッ素コーティングなら安心。フッ素コーティングの離型剤は強力な非粘着性と潤滑性を備えているので、成形時にメヤニが出ることを防ぐ効果があります。
単純で大きな形の成形だけでなく、細かく、薄く、そして複雑な形の製品であっても、金型からきれいに取り出せるので、製品の品質保持にも効果的です。金型に付着したメヤニをその都度掃除するという手間が省け、製造過程の効率化が可能になります。金型にスプレーするタイプの離型剤なら、製造過程において、いつでも必要なときに金型にさっと一吹きするだけです。手間もかからず、コストパフォーマンスもよいフッ素コーティングは、成形時のメヤニ対策に最適です。