製品成形時に出るメヤニの量を減らしてくれるフッ素離型剤

工場

離型剤を使用するなら簡単に塗布できるものを利用しよう

ドリル

離型剤は、さまざまな製品を型から外しやすくするために使用する薬剤のことであり、金属の型などに塗布しておくことで成形したものを簡単に外せるようにします。そんな離型剤を使用するなら、離型剤は製造現場で簡単に塗布できるものを選ぶのがおすすめです。離型剤には色々な種類があるのですが、その種類はオイル・シリコン系離型剤、ワックス系離型剤、界面活性剤、フッ素コーティングといった種類があるのですが、中でも製造現場で簡単に塗布できて、使い勝手が良くて便利なのがフッ素コーティングの離型剤です。
フッ素コーティングなら、成形したものを型から出す際のメヤニを防ぐ効果が高く、ほとんどメヤニが出ないので、成形した製品をメヤニによって傷付けることがないのでおすすめです。フッ素コーティングの離型剤は、焼き付け型のフッ素樹脂と、フッ素樹脂をエアゾールで吹き付けて使用するタイプがありますが、フッ素樹脂を吹き付けて使用するタイプがより簡単に塗布できて扱いやすいのでおすすめです。
離型剤を使用すれば、色々な製品を型から外す際に役立つので、離型剤を使用するなら、現場で簡単に使用することが可能なフッ素コーティングを利用してみてください。